シミの種類と特徴

女性の肌にとってシミは大敵ですよね。
シミにはいくつか種類があります。

シミの中でも、老人性色素斑紫外線によるダメージが原因となっていて、最も多く見られるシミです。
濃いシミを消すためには、レーザー治療が必要となってきます。

そして、2つ目は脂漏性角化症
老人性色素斑がもりあがり、イボのようになったものです。

3つ目はそばかす
10代の頃からでき始める遺伝的なシミです。
そばかすには美白化粧品はあまり効果がありません。

4つ目は炎症性色素沈着
ニキビ虫刺されなど、肌に炎症が起きたあとが茶色っぽいシミになって残ったものをいいます。
このシミに対して即効性があるケアは、ピーリングです。

5つ目は肝斑
これは左右の頬骨の上に対象にできる茶色や灰色のシミのことです。
市販薬や病院での処方で「トラネキサム酸」を服用すると薄くなるようです。

6つ目は花弁状色素斑
日焼け後に肩から背中にかけてできるシミのことです。

このようにシミといっても色々な種類のシミがあるのです。
シミの種類によって治療の仕方も違ってきます。
花弁状色素斑は、レーザー治療で消すのが確実と言われています。

証券CFD